前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ

#1318/1363 にせにせボード
★タイトル (        )  14/07/14  12:04  ( 29)
MVNO / あさ
★内容
東京デジタルフォン(既に末期の)-> J-PHONE -> Vodafone -> Softbank Mobileと継続してきた契約から、とうとうMNPを使ってお引越ししました。
旧:SoftBank ホワイトプラン(旧)+パケットし放題MAX for スマートフォン。
新:BIC SIM(中身はIIJmio)のミニマムスタートプラン(音声付き)。

「料金」・・・ 新>>>>>>旧
旧:5030円〜6934円/月(ホワイトプラン934円+ウェブ基本使用料300円+パケット代3,796円〜5,700円/月)。通話は、特定時間帯を除くソフトバンク同士は無料、それ以外は20円/30秒。
新:基本料金1600円/月。通話は20円/30秒で無料通話分などの設定無し。

「パケット通信と追加料金」・・・ 新>>>>旧
旧:SoftBank 3Gハイスピード(下り最大14.4Mbps)で通信パケット量約700MB/月までは追加料金無し(3796円)。それ以降は従量で追加料金発生、最大で5700円(それ以上にはならない)。
新:DoCoMo LTE(下り最大 150Mbps)でパケット量1GB/月まで。1GB/月を越えると、200kbpsの低速通信に自動切り替え。1GB/月を越えても高速通信を望む人は、100MBあたり300円の「追加クーポン」を購入で対応可能。

「通信サービス関連」・・・ 新<旧
MVNO契約(新)ではキャリアメール(MMS)が使えない。またキャリアの契約情報に基づいた認証ができない(といってもLINEの年齢認証くらいなもの)。
BIC SIMの場合、IIJmioの契約にWi2という公衆Wi-Fiサービスが付く。ソフトバンクも無料で公衆Wi-Fiサービスが使える。エリアの違い等はあると思われるが、ほぼ等価とみなすことにする。

「サービスエリア」・・・ 新>旧
旧:SoftBank 3G(プラチナバンド含む)
新:DoCoMo 3G/LTE

その他、MVNO業者だとキャリア固有のサービスのようなものが殆ど無いですね。
また、特徴的な違いはMVNOにはキャリアメールが無いことですが、Gmailがマルチメディアデータも扱えてプッシュ送信も可能なので代替可能。
ただし現時点では、人によっては「キャリアメール以外のメールを着信拒否の設定にしている携帯を使っている」という人もいるので、その人たちにMMSが送れない、という懸念が残ります。ただしSMSは使えるので、連絡手段がとぎれるということは無いですね。

更に、今後は「旧」の契約も機種変したら継続できないことがわかっています(3G専用端末がなくなるため)。
そうなると月の維持費はもっと高くなる。
そもそも1GB/月も使わない私にとっては、超高速でなくても沢山のパケットが使えなくても良くて、だったら維持費を安く済ませたい。
私のような使いかたをする人は少数派なのかもしれないですが、月々3500円の維持費の差は大きいので、今回引越しに踏み切りました。


前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ