前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ

#1317/1374 にせにせボード
★タイトル (        )  14/07/07  11:37  ( 25)
ノートPC強化 / あさ
★内容
2年半ほど前に購入したCore i5 2410M搭載の格安ノートPC、メモリ増強は随分前にやったのですが、今回HDDをSSDに差し替えてみました。
びっくりするくらい速くなりました。
もともと載っていたHDDも5400rpmのもの(きっと発熱を考えて)だったので、違いが際立ったようです。
それと、ディスクIOがパフォーマンスのボトルネックになっていたんだなあ、とあらためて。

購入したのはCrucialのM500の480GBのやつです。
評判が悪くないところのものを中心に検討し、予算重視で。

先人の知恵をネットから拝借するに、システムの入ったHDDやSSDの換装は、Windows7のリカバリディスクを要求されたとのことで事前に作成。
USB3.0-SATA変換ケーブルとフリーソフト(Easus Todo Backup)を用意し、ノートPCのUSB3.0ポートを通じてノートPC内蔵HDDをクローニング。
320GBのHDD(使用量は170GBほど)から480GBのSSDへのコピーで、およそ4時間弱の所要時間。
HDDをSSDに差し替え、起動。
ドライバ入れ直しで1回再起動したら、あとはあっさりふつうに使えました。
なんだか昔に比べてOSもハードウエアも賢くなったのでしょうか、予想以上にアッサリ終了しました。

ただ、幾つかのシェアウエアや有料ソフトで、ドライブに応じてライセンシングしているものについての再登録が(後から)出てきました。
まあたいていこの手のものは再登録でOKだと思いますが。

さて、冒頭にも書いたように、おどろくほど速くなりました。
速くなるのは当然ディスクIOの激しい処理に限られるわけですが、とりわけ起動の速くなり加減は半端じゃないですね。
また、HDDと違って音が出ないので、とっても静かになりました。
ファンの音に比べたらHDDの音なんてたいしたことないだろ、と思っていましたが、結構違うものですね。
特にファンがほとんど動いていない状況だと「うごいてる?」と思うくらい静かです。



前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ