前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ

#1202/1374 にせにせボード
★タイトル (        )  12/10/10  16:35  ( 43)
リフォームとか引越しとか(2) / あさ
★内容
リフォーム業者のこと、リフォームの目的・課題などの雑感を。

<業者選び>
業者は地元の業者に依頼。っていうか、選び、ってほど選んだわけじゃなかったです。
地元の他の業者や大手の系列とかも検討するにはしたけど、電話での印象でほぼ決定。
相当に具体的なプランを持っていくのなら相見積りとるのだけど、全室まんべんなく改善したかったこともあり、あまり具体性が無かったこともあったので。
でも、本当はもっと時間をかけてできる限り具体的な案を作っておいたほうがよかったんだろうな、とは思います。そのへんの情報をネットで収集することもできますしね。
 
<業者との進めかた>
その業者にお願いをしてからは、もう業者さんとは何度打ち合わせしたの?ってくらい話をしました。
最初ぼんやりとした希望を告げると、それに基づいてポンチ絵と見積りを持ってくる。
そのポンチ絵と見積りをベースに思うところをあれこれ述べて、、、というのの繰り返しでした。
また建具などがある程度具体的に見えてくるとサンプルを持ってきて検討。
上に書いたように先に具体案を持っていればこの段階でかなりスムーズに話を進められただろうと思います。
 
<課題1:リビングボード> 
娘の部屋を独立させるため、リビングや寝室の収納容量を増やすための策として。壁面収納っぽいリビングボードにTVを置くというのも課題のひとつでした。
業者は、造作家具のプラン、パナソニックのセミオーダー式のリビングボードのプラン、パナソニックの玄関収納用家具を流用したプランの3つを提案してきました。
玄関収納用家具の流用というのはコストを抑える手段という業者のアイデア。
その他、たまたま妻がチラシで見つけた大塚家具のセミオーダ式のリビングボードが、なかなか外観もコスト的にも良さそうだなと。
で、業者さんといっしょに汐留にあるパナソニックのショールームに行き、パナソニックのリビングボードと玄関収納用家具その他を見たところ、リビングボードは高価だし、玄関収納用家具の流用はいまひとつって感じで、最終的には大塚家具のセミオーダ式のリビングボードに決定。
業者に相談したら、リフォーム中に大塚家具に納入してもらい、リフォーム工事の一環で体裁よく設置してくれることに。
たぶんこういった融通は地元の業者ならではなんじゃないかな。
大塚家具の営業の人にその話をしたら、リフォーム業者がそこまでしてくれるんですか!?と驚かれました。
結果的には、ほぼ作り付けたような感じでリビングボードを設置してもらえました。
 
<課題2:寝室大改造> 
娘の部屋にする予定の洋室は物置状態だったりPCデスクや楽器類が置かれてたりしてカオス状態。寝室に使っていた部屋の改造によりこれらをうまく納める、というのも大きな課題でした。
和室だったものを洋室に変え、押入を取っぱらってあらたな収納スペースを設け、その収納スペース部の一部を書斎コーナー的なデスクにしてもらいました。
書斎コーナーのデスクにデスクトップPCや周辺機器を置きまいた。
また書斎コーナーと寝室の仕切りを棚とカウンターにして貰い、棚は本棚や収納に。
問題は楽器類。今までこっそりと(?)隅のほうに置いてたりして目立たなかったんだけど、寄せ集めたら結構場所をとることが判明。
寝室は和室→洋室にするためベッドを購入したけど、それが届くのは11月。それまでに楽器類をうまく納めないとベッドが入らぬ(汗
あと、衣類も収まり切らないものもあるため、今は寝室にごっそり置いてる。これらもなんとかしないとー。
とりあえずベッドは収納付きのものにしたので、少しはそこに納められるけど。
 
<課題3:子供部屋>
概ね予想通りではあるけど、ここはほぼ問題無く終了。というか収納を小改造した程度なので特に問題なく。

<課題4:玄関周辺>
大々的にパナソニックの玄関収納を設置。これも問題なしというか、ここは満足かな。とにかく収容量が増えました。
 


前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ