前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ

#1179/1369 にせにせボード
★タイトル (        )  12/01/05  19:50  ( 45)
本年も宜しくお願い致します / あさ
★内容
遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。
 
昨年はとにかくとっっっっっっっっっても大変な年でした。
今年は平穏に暮らせたらと願っております。
とはいえ、私たちの街はまだ復旧中。自分達に対しても、地域に対してもまだまだやるべき事が沢山あるのでがんばっていこうと思います。
 
昨年は公私ともに色々あったことも確かなのですが、やはりなんといっても震災です。
深刻とまではいかないまでも罹災した私たちの街。失ったものも沢山あります。
でも命や健康を失ったわけじゃないのでどってことないです。
 
むしろ、この震災の影響で今まで見えていなかったことが見えてきたりもしました。
特に、市・県・国会議員さんの腹の中が色々と見えてきたのは大きかったです。
とりわけ当方の選挙区輩出の衆議院議員さんは、震災後の統一選挙に関して、Twitterでこんなこと言ってました。
市(市長)の、「統一地方選挙(県議選)よりも復旧を優先させる必要あり。予定期日に選挙はできない。」という発表に対する、衆議院議員さんの批判です。
 
 4月5月には市と県それぞれで震災対応のための重要な会議
 が開かれる。
 浦安市の主張は、そこに市民の代表が一人も居なくてもよ
 いと言っているに等しい。
 選挙回避を歓迎される市民もいらっしゃるかもしれない。
 しかし、この判断は歴史の検証に耐えないポピュリズムそ
 のものである。#urayasu
 
 選挙は、ガスや水道以前の民主主義のインフラそのもので
 ある。
 市民の代表が不在の状態で、どうやって震災復旧や液状化
 対策をやるというのか。市の対応は甚だ疑問だ
 RT浦安市「災害復旧中、統一選できない」県選管と対立中 
 http://t.asahi.com/1tpz #urayasu
 
因みに、市長は自民党系。某衆議院議員は民主党。
市内は、逐次上水道とガスの仮復旧が進みつつあり、下水道の復旧は進んでおらず、学校を含む市内の施設の復旧も満足にできていない状態だった頃の話です。
近々にこまっている「目の前の復旧」を最優先で推進する市長のスタンスはとてもよく理解できました。
それに対してこの物言い。
県議は市民の代表らしいです。
更に、この議員さんは、ガスや水道が無くても選挙があれば生きていけるらしいです。
生活の不便さにうんざりしてきた頃に、市民を慮るそぶりもうかがえないこんな発言。
私はたぶんこの衆議院議員のことを生涯忘れないでしょうし、なにがあっても投票しないだろうと思います。
 
と、まあ、長くなりましたが、、、
 
 普段見えない顔ってのは、こんな時に見えてくるもの

だなということで。


前のメッセージを表示次のメッセージを表示メッセージ一覧表示コメント終了トップページへ